ばけらの HTML リファレンス(未完成)

bakera.jp > 鳩丸リファレンス > ばけらの HTML リファレンス(未完成) > 要素一覧 > blockquote要素

blockquote要素

要素名バージョン開始タグ終了タグ分類/親中身
blockquote2.0, 2.x, 3.2, 4.0, X1.0, X1.1必須必須%block;(%block;|script)+
属性名バージョン属性値既定値備考
cite4.0, X1.0, X1.1%URI;#IMPLIEDURI for source document or msg

共通属性 …… %coreattrs;, %i18n;, %events;

blockquoteの解説

引用を表します。ブロックレベルの要素で、段落ごと引用してきたようなものを貼り付けるのに使います。

blockquote要素の中身は body要素と同じです。HTML4 Strict では blockquote の直下にテキストを書くことができませんので、さらに p要素などを入れる必要があります。短いフレーズの引用には blcokquote要素ではなく q要素を使うと良いでしょう。

cite属性には出典の URI を書きます。WWW 上のリソースからの引用ならば、cite 属性に引用もとの URL を書いておくべきでしょう。書籍からの引用の場合、その本に ISBN が与えられていれば、urn:ISBN:4-8291-2745-7 などという URN で出典を示すこともできます。残念ながら、URI で示せない出典を cite 属性で示すことはできません。その場合は、cite要素で文中に出典を書くことになるでしょう。

当然ですが、引用部分は地の文と明確に区別されなければなりません。RFC1866(HTML2.0) で勧められているのは、以下のような表示方法です。

多くのブラウザは、左右をインデントして表示します。ついでに前後も一行空けることが多いようです。

時々、何を思ったか「インデントのためのタグ」などと解説されることがありますが、誤りです。その解説を鵜呑みにしてインデントに使用しているサイトも見かけますが、望ましくありません。

このような(間違った)使い方がなされる場合があるため、HTML4 では「引用符をつける表示法を標準とするのは避けた方が良い」としています。

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)友井町バスターズ (富士見ファンタジア文庫)

その他サイト