水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 「文字はShift+JISで入力してください」

「文字はShift+JISで入力してください」

2012年6月14日(木曜日)

「文字はShift+JISで入力してください」

公開: 2012年6月24日23時50分頃

武雄市の図書館が話題になったりしていて、ハッシュタグ #takeolibrary をたまに見たりしているのですが、keikumaさんがこんなツイートをされていました。

へぇ、と思って実際にサイトを見てみると……。

見た瞬間に呼吸が止まるほどの衝撃を受けました。

いきなりframeで、noframes要素の中身は「このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザが必要です」。

ないわー、江戸時代でもこれはないわー、などと思いつつ「本をさがす」のページを見てみるわけです。リンク先のURLはHTTPSなのに、HTTPSでないフレームの中に展開されて軽く驚きますが、ともあれ、実体は以下にあります。

なんだか凄く見覚えがある感じの画面です。岡崎市立中央図書館の事件で問題を起こした、旧型MELIL/CSの検索画面がこんな感じです。というか、おそらくそのものでしょう。URLも /Asp/kensaku_w.asp ですし。

ところで、この画面の下の方には注意書きがあるのですが、こんなことが書かれています。

※入力時の御注意

・文字は「Shift+JIS」で入力してください。

以上、武雄市図書館・歴史資料館 蔵書検索 より

ええと……これ……どうしろと? この注意を見たユーザーは、具体的に何をどうすれば良いのでしょうか。

送られてくる文字データがShift_JISで符号化されていないとうまく処理できない、というシステムは確かにあります。ですから、システムを作った人が「文字はShift_JISで入力してください」と注意を促すのは分かります。ただし、それはフォームを作るときに注意してほしいという意味です。エンドユーザーが何らかの対応をしなければならないわけではありません。対応しなければならないのは、フォームのHTMLを作る人です。

つまり、これは本来、このページの制作者に向けられた注意なのです。しかし制作者は、その意味が全く分からなかったのでしょう。自分が言われているとは気づかず、そのままユーザーに向けて書き写してしまったのだと思います。しかもご丁寧に、「Shift_JIS」の「Shift」をShiftキーの事だと解釈して「Shift+JIS」と表記しなおした可能性があります。

なんというか、このサイトを誰がどうやって使うのか、その利用シーンをもう少し意識しながら作った方が良いのではないでしょうか。

関連する話題: Web / ユーザビリティ / 武雄市 / MELIL/CS

人気のページ

最近の日記

関わった本など

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト