水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 待たない戦闘

待たない戦闘

2003年3月14日(金曜日)

待たない戦闘

というわけで FF10-2 (www.amazon.co.jp) です。個人的にはあまり期待していなかったのですが、プレイしてみると予想以上に出来が良く思います。とりあえず個人的に注目したいのは、戦闘のテンポが驚くほど良くなったという点です。

ATB というのは以前からありましたが、結局のところ、行動しているのは常に一人だけでした。誰か一人が走っていって、剣をふりかざし、敵にすぱっと斬りつけます。そのモーションには何秒かかかりますが、その時に動いているのは攻撃している本人と、攻撃を受けてのけぞっている敵だけです。その何秒かの間、仲間たちもそのほかの敵も、その場でじっとたたずんでその結果を見守っていわけです。魔法や召喚などモーションの長い行動になるともっと長い時間がかかりますが、その間ずっと戦況は硬直しています。これが戦闘のテンポをかなり悪くしているのです。

……と私が思ったのはリトルプリンセスをプレイしたときの事ですが、今回の FF では敵も味方も入り乱れて同時にアクションします。三人で同時に襲いかかる、などというシーンもありで、この臨場感は一人ずつ行動していたら絶対に出ません。敵が弱いと、こちらの三人がさくさくさくっと同時に攻撃して文字通り瞬殺でき、かなり爽快です。

いちおうシステムのメインとなっているのはドレスアップというシステムですが、これもなかなか良い感じです。要はセーラームーンやらキューティーハニーやらのように変身するのですが、この変身シーンには、変な意味ではなく見ている者をわくわくさせるものがあります。そういう感じが良く出ていて、なかなか良いと個人的には思います。

関連する話題: 出来事 / ゲーム / スクウェア / ファイナルファンタジー / ファイナルファンタジーX-2

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト