水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 武雄市Facebookページのアクセシビリティ対応が良く分からない

武雄市Facebookページのアクセシビリティ対応が良く分からない

2011年8月4日(木曜日)

武雄市Facebookページのアクセシビリティ対応が良く分からない

公開: 2011年8月11日0時45分頃

武雄市Facebook移行の続報が出ていますね……「「行政こそが使うべき」 佐賀県武雄市、公式ページのFacebook移行完了 (www.itmedia.co.jp)」。

良く分からなかったのはこの部分。

また、ネットでも心配する声が多かったというFacebookページのアクセシビリティについて、SIIISの杉山社長は「文字の表示を大きくすることにも対応したほか、『JAWS』などの音声読み上げソフトにも問題なく対応している」とした。

これは何のことを指しているのか分かりませんでした。

「文字の表示を大きくすることにも対応」というのは、具体的にどういう実装方法を採用したのでしょうか。body要素のフォントの指定はこのようになっています。

body {

font: 13px/1.231 'ヒラギノ角ゴ Pro W3','Hiragino Kaku Gothic Pro W3','メイリオ',Meiryo,'MS Pゴシック',Arial,verdana,sans-serif;

*font-size:small; /* for IE */

*font:x-small; /* for IE in quirks mode */

}

以上、propertyReset.css より

懐かしい感じのCSSハックが見られますが、これはIE9では効いていません (たぶんIE8以降では効かない)。これで「文字の表示を大きくすることにも対応」と言えたのは昔の話でしょう。まあ、ズームはできますから実装方法G142 (waic.jp)で対応していると言えなくもないのですが、この場合は「対応した」という言い方はしないでしょうし。

JAWSの話も良く分からないのですが、試験をして対応を確認したという意味なのですかね……?

関連する話題: Web / アクセシビリティ / 武雄市

人気のページ

最近の日記

関わった本など

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト