水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 規格の策定者が解説する JIS X 8341-3:2010 - JIS X 8341-3:2010 を用いた試験

規格の策定者が解説する JIS X 8341-3:2010 - JIS X 8341-3:2010 を用いた試験

2010年9月2日(木曜日)

規格の策定者が解説する JIS X 8341-3:2010 - JIS X 8341-3:2010 を用いた試験

公開: 2010年9月12日11時25分頃

規格の策定者が解説する JIS X 8341-3:2010 (www.ciaj.or.jp)、「JIS X 8341-3:2010 の実装方法」の後は休憩を挟み、梅垣正宏さんによる「JIS X 8341-3:2010 を用いた試験」。独特の話し方で面白かったのですが、メモはやや散漫です。

富士登山ガイド2004
  • 達成基準: 富士山に行こう! 登ろう! → 5合目までA 8合目AA 山頂AAA
  • 登山技術: 登山ルート、装備……
  • 試験: スタンプ、GPS、証拠写真……
  • 国内調達・A市の入札要綱(H21)
  • 事業の背景: 「JIS X 8341-3に準拠できておらず……」5. JIS X 8341-3 のうち、必須要件 (18件) を満たすこと。
  • 基準が不明瞭→真面目にやる会社は仕事が取れなくなる、目視から測定へ
検査の方法

箇条8で検査の方法について規定している

  • 8.1.1 a) ウェブページ単体: 埋め込みコンテンツなど全て。代替コンテンツも含む。ちなみに2004年JISは「代替ページ」を認めていなかったが、これは、「JISに適合していないページを認めるのはおかしい」という意見があったため。2010年版JISでは代替ページを許容している。
  • 8.1.1 b) 一連のプロセス: フォームなどは一連の流れ全てがアクセシブルでなければならない。リンクを辿る手順は含まれない。
  • 8.1.2 ウェブページ一式単位: ひとかたまりのコンテンツ、ウェブサイト。
ウェブページ一式の検査

1万ページのサイトを全て試験するのは現実的でないので、抜き取り検査を行うことができる。UWEMの1.2と同じ選択方法

1. ランダムサンプリングによる抜き取り検査

どれだけの数を検査すれば良いのかは決められていない。試験実施ガイドライン(規格ではない)では以下のようになっている。

  • 1~10 少ない
  • 11~24 最低限
  • 25~39 標準的
  • 40~ 十分

しかしこの数字は規格ではないので、極端に言えば1ページでもJIS規格的にはOK。

2. ランダムでない選択

ランダム選択ではなく、特徴的なページを選択して検査する。実践的だが、試験対策が容易 (出題範囲が明確な試験のようなもの)。

設計方針から抜き出す。以下5点が必須。

  • トップページ
  • サイトマップ
  • アクセシビリティ解説
  • 問い合わせ
  • ヘルプ

以下は推奨。

  • サービスの利用に不可欠なページ (例: Webメールのサービスにおける受信ボックス)
  • カテゴリトップ
  • 各構造・スタイルの代表 (各テンプレートごとに1ページずつ)
  • フォーム、フレーム、表、スクリプトを使用したページ
  • 音声、動画を使用したページ
  • 利用者のアクセスが多いページ

しかしこれは規格ではないので極端に言えば(以下略

3. 全ページを検証

全てのページを試験する。完全に検証できるがコストがかかる。

コストと、それによって得られる品質とのバランスが悪い。

ランダムと非ランダムの組み合わせがオススメ。確率による統計的な保証に加えて、重要ページは確実に検証できる。

問題が見つかった場合
  • ランダムの場合 → 他にも問題が多数ある可能性があることを示唆している。その場所だけ直すという対応は不可。サンプリングをやり直して再試験
  • 全試験、非ランダムの場合 → その場所を直せば良い
  • いずれの場合も、試験で問題が発見されなくなるように対応する。ツールの自動チェックも併用すると良い。
  • 試験をするコストそのものよりも、試験をパスするためのコストが問題。逆に言うと、「試験に通らない」というリスクを負ってでも試験するほどの自信があるということ
第三者がコンテンツを追加する場合

運営者以外の者がサイトにコンテンツを追加する場合、そのコンテンツがアクセシブルでない場合がある。たとえば配信される広告、Webメールのメール本文など。

  • 運営者が修正できないコンテンツの場合のみ、除外して試験して良い。例: Webメールのテキストを事業者は書き直せない
  • 運営者が修正できるコンテンツの場合、2営業日以内に修正する体制があれば除外して良い
  • 相互に行き来できるなど、細かい要件がたくさんある(結構厳しい)
  • 代替ページは最後の手段と考えるべき。たとえば、FlashならFlash自体をアクセシブルにする
依存していない技術
  • 例: Flash でメニューを表示しているが、同じ機能をHTMLでも提供 (Flashに依存していない)
  • 4つの基準を満たす場合(他のアクセシビリティを妨害しない)のみ除外して良い
試験の手順
試験結果の表示
  • 表示 = 文書化して人に見せる (公開とは限らない)
  • 調達では、試験結果を添付すること
  • ウェブでは、公開すること
  • 文書化すると証拠が残る。発注者や第三者が追試できる
適合性評価
  • JIS Q 17000
  • 認証機関はないのでJISマークは使えない
  • 自己適合宣言: 自ら評価して宣言する (JIS Q 1000 など)。ただしコンテンツ以外にも「品質責任者がいる」「品質管理部門の出荷検査」など厳しいハードルがある
  • 「JIS X 8341-3:2010 対応度表記ガイドライン」
    • 適合
    • 準拠 (試験全て合格)
    • 一部準拠 (試験一部合格。満たせなかった理由と達成のスケジュールを追加表記)
    • 配慮し試験 (試験結果は問わない)
    • 配慮 (試験不要)
    • いずれも「JIS X 8341-3:2010 対応度表記ガイドラインの表記法による」と書いて表示すること
やさしいだけじゃダメ
  • 障害者制度改革推進会議「3. 障害を理由とする差別の禁止」……合理的配慮を提供されないことが「障害を理由とする差別」に含まれる旨を規定
  • ウェブにおける合理的配慮とは? どの程度の配慮をしていれば「差別していない」と言えるのか
  • 合理的配慮 = 過度の負担がなければやるべき、JIS X 8341-3:2010 はそのものさし
  • 訴訟リスク → 試験による確認が有効、「ちゃんとやっている」と証明できる
  • 総務省 みんなの公共サイト運用モデル (www.soumu.go.jp)
試験を生かす
  • 真面目な会社と不真面目な会社を峻別できる
  • 良いコンテンツを正当に評価できる
  • 水が低い方に流れているのをなんとか戻したい(特に公共調達)
  • 民間の品質マーク?

続きます……「規格の策定者が解説する JIS X 8341-3:2010 - 質疑

関連する話題: Web / アクセシビリティ

人気のページ

最近の日記

関わった本など

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)友井町バスターズ (富士見ファンタジア文庫)

その他サイト