水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > W3C Day 2003 の記録 その7. インタラクティヴ Web

W3C Day 2003 の記録 その7. インタラクティヴ Web

2003年11月14日(金曜日)

W3C Day 2003 の記録 その7. インタラクティヴ Web

続いてのお話は「インタラクティヴ Web (www.w3.org)」。これは石川さん (www.w3.org)の講演なので日本語です。

簡単に言うと、Namespace を使って複数の XML を組み合わせる話とそのデモ……なのですが、これがまた手ひどく失敗。単に「ネットワークが不調でデモが見られない」という話だったのですが、これで講演はしばしば中断して、何とも気まずい感じに。

……と聞くと、「ていうか普通デモはローカルに用意しておくだろ!」と思った方がいらっしゃると思います。しかし、事はそう簡単にはいきません。単にデモの XML をローカルに用意しただけでは駄目なのです。

たとえば、XHTML と MathML と SVG の混在例 (www.w3.org)を手元に置いたとしましょう。このドキュメントには以下のような文書型宣言がついています。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1 plus MathML 2.0 plus SVG 1.1//EN"

"http://www.w3.org/2002/04/xhtml-math-svg/xhtml-math-svg-flat.dtd">

以上、XHTML と MathML と SVG の混在例 より

これで気づいた方もいらっしゃるでしょう。そう、SYSTEM 識別子の URL が www.w3.org を参照しているのです。このドキュメントを読んだパーサは、この URL にアクセスして DTD を読みます。ネットワークが不調で www.w3.org にアクセスできないと、この文書を処理することができないわけです。

これをローカルで運用するには、以下のいずれかの対策が必要となります。

……はっきり言ってどっちもやりたくないです。そんなわけで、この一件は我々に「standalone でない XML は、ネットワークに繋がっていない環境では運用困難」という教訓を教えてくれたのでした。

※で、休み時間にその話をしたら「パーサ側で DTD をキャッシュしてくれればいいのになぁ」という話が出た記憶がありますが、これ誰と話したのでしたっけ。失念。

※追記 : これは近藤さんと yuuさんの会話だったようで。yuuさん補完ありがとうございます。

まあそれはそれとして、個人的に興味深かったのは XForms (www.w3.org) のお話。HTML の form まわりは機能とプレゼンテーション (見た目) がごっちゃになっている、入力値のチェックにはスクリプトを使わねばならない……などという問題があります。しかし XForms では、機能だけをしゃっきりと分離したのでデバイスに依存しませんし、入力値チェックの指定なども出来る……というお話は、まあ別に普通の話なのですが、それを Flash 上で実装した例があるというのが面白いと思いました。なるほど、最近の Flash は XML を読めるしフォームも扱えるわけですから実装できるでしょう。XForms に限らず、Flash を通して XML を処理するといろいろ面白いことができそうです。

関連する話題: 出来事 / Web / Flash

人気のページ

最近の日記

関わった本など

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト