水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > FF13の序盤がつらい理由

FF13の序盤がつらい理由

2009年12月23日(水曜日)

FF13の序盤がつらい理由

公開: 2009年12月25日15時55分頃

FF13 (www.amazon.co.jp)、なんとか7章まで来ました。

正直なところ、序盤はちょっとつらかったですね。最初は映像の凄さに感動するのですが、その感動の持続時間はせいぜい30分くらいです。映像に慣れてしまうと、「戦闘がつらい」と感じるようになりました。ちまたでは「○ボタン連打ゲー」などと揶揄されているようですが、序盤は実際その通りです。いや、たまにポーションも使いましたけど。

ただ、これには理由があります。

ふつう、コンピュータRPGの戦闘では、キャラクターに対して行動を細かく命令して (コマンド入力して) 戦うことになります。FF13の場合も、リーダーとなっているキャラクターのコマンド選択をすることができます。が、FF13の戦闘はテンポが速く、コマンド入力中も時間は止まらないため、いちいちコマンド入力していられません。「○」ボタンを連打すればセミオートでコマンドが選ばれるようになっているので、とりあえず連打して戦闘を進める感じになります。

というわけで、テンポが速すぎるのが「戦闘がつらい」原因……と一時は思いました。が、違いました。

「○ボタン連打ゲー」なのは事実ですが、これはあくまで序盤、2章までの話です。3章になると魔法が使えるようになり、同時に「オプティマ」と呼ばれる戦闘ロールの変更機能が解禁されます。これ以降の戦闘では、「事前にどのようなオプティマを設定しておくか」「どのタイミングでどのオプティマを使用するか」という点が重大なポイントになってきます。戦闘が始まったら、リーダーの行動を決めつつ、刻々と変化する味方や敵の状態に注視し、ここぞというタイミングでL1を押して「オプティマ」を変更します。そういうゲームなので、そもそもリーダーに対するコマンド入力はテキトーで良いのです。

※FF13の戦闘は、どちらかというと「リアルタイムストラテジー」と呼ばれるジャンルに近いものがあるかもしれません。

つまり、この「オプティマ」こそがFF13の戦闘システムの中核なのです。2章までの戦闘は、本格的な戦闘が始まる前のトレーニングに過ぎなかったのです。

これはある意味、ドラクエ2に似ているのかもしれません。ローレシアの王子一人の状態では、「たたかう」と「やくそう」しかありません。この状態で「なんだこいつ呪文も使えないのか、ドラクエ1より劣化しているじゃないか」と感じたとしても、間違いというわけではないでしょうけれど、それで投げ出してしまったらもったいないと思います。

ただ、FF13の序盤にはもう一つ深刻な問題があります。ローレシアの王子一人で延々敵を倒し続けても、それはそれで楽しい……という人もいるでしょう。それは何故かというと、戦っているうちにレベルが上がったり、お金が貯まったりして強くなっていくのが実感できるからです。RPGの醍醐味は、なんといってもキャラクターの成長です。しかし恐ろしいことに、FF13の序盤はキャラクターの成長が全くないのですね。2章まではいくら敵を倒しても成長しません。そのせいで戦闘が苦痛になってきます。キャラクター成長システムの「クリスタリウム」が解禁されるのが、これまた3章です。

ですから、3章からゲーム開始と思った方が良いと思います。要するに、序盤のチュートリアルの期間が非常に長いのですね。実際、これでもかと言うほど丁寧に「チュートリアル」が出ます。FF13の戦闘や成長のシステムはけっこう複雑なので、チュートリアルに時間をかけて、複雑なシステムをスムーズに学べるようにしている……ということなのだと思います。

これを「長すぎ」と感じるかどうかは人それぞれでしょう。私は「長すぎ」と感じましたが。:-)

※しかし、「アンリミテッド:サガ (www.amazon.co.jp)」について振り返れば分かるとおり、必要だとは思います。

3章からは面白くなってきます。噂では11章以降が本番らしいので、先に行けば行くほど楽しみが増える、ということなのではないかと思います。

以下、諸々思ったことをざっくりと。

関連する話題: ゲーム / PS3 / FF13

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト