水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 楽天Webディレクション&デザイン2009: 月間50億PV、社内ユーザー1000人のアクセス解析で分かったこと

楽天Webディレクション&デザイン2009: 月間50億PV、社内ユーザー1000人のアクセス解析で分かったこと

2009年11月28日(土曜日)

楽天Webディレクション&デザイン2009: 月間50億PV、社内ユーザー1000人のアクセス解析で分かったこと

公開: 2009年12月10日1時40分頃

RIAの話に引き続き、「月間50億PV、社内ユーザー1000人のアクセス解析で分かったこと」。

ちなみに、タイトルの「社内ユーザー1000人」というのは、アクセス解析の結果を利用するサイト運営者が1000人いるという意味です。

何故アクセス解析?
  • 思いつきでの改善には限界がある、逆効果のこともある。KPI(重要業績達成指標)として使いたい
  • SiteCatalystを導入。今年になってグループ全社導入を実施。サイト単位の解析ではなく、グループ全体での解析を進めている。「楽天経済圏」での測定
アクセス解析の導入
  • ギャップ分析 : 事実がゴールとどうかけ離れているか
  • 分析方法や深度が事業や人によりバラバラ : ツールも色々あった。GA、合併前から使われていた社内ツール、Analog等々。UserInsightは現在でも併用している。
  • 標準化と知識共有に課題 : 成果を挙げた人への評価もできていない。
  • 専任チームを結成 : 編成部 アクセス解析・最適化推進チーム 2009年頭に結成。Omnitureから2名常駐、ほか数名サポート
  • グループ47社のうち、導入済みだったのは13社のみ。今年9月までかけて全社に導入。
  • SiteCatalystをカスタマイズ導入。後半は「Test&Target」も
  • 測定コール数 +27% (月間50億)、社内ユーザー数 1.5倍 (約1,400) に
アクセス解析の手法
  • 流入分析 / SEO効果の測定
  • SEOのゴールを設定 : 訪問・3000、売上げ5%アップなど
  • フォーム分析 : SiteCatalystのプラグインで実現。どこでエラーが起きたのか、どの入力項目にフォーカスした状態で離脱したのかを測定。
  • Excelによる定型レポート : 特集のURLを入れるとPV、流入もと、商品ごとのCTRなどが表示される。運用を楽にしないと普及は難しい。
Flashの計測
  • Flashバナーのマウスオーバーやクリックを計測。HTMLのページよりも細かい単位で計測が可能となる。
動画の計測
  • 例: オードリーの販促ビデオ
  • 時間べつの再生時間 (何分まで見てくれたのか) を測定。内容が悪いのか、2分では長すぎるのか、などを判断。
  • グループ内でのCV数・売上げが分かるため、動画クリック→オードリーのブログへ→商品リンクをクリック→購入、というルートも追跡可能。
  • 動画は離脱率が低い。8割もの人が、続けて別の動画を見る。
オフライン成約データとの連携
  • サイト→資料請求・電話→成約というルートも測定
  • 通常は資料請求の回数しか取得できない。Salesforceと連携してIDを結びつけることで成約率を取得。
グループ全体の計測
  • 通常はサイトごとに計測するので、楽天市場→楽天トラベルの遷移は楽天市場から見ると「離脱」になる。これを「送客」として測定 (グループ全体を一つのサイトとみなして測定する)。
  • 楽天ブログ→市場の送客や時間をまたいだ購入なども測定。
  • どのサービスがどのくらいグループ外からの流入に依存しているのか、グループ内外比率を測定できる。
  • インフォシークなどは外からの集客を担う位置づけなので、外部比率が多い方が良い。他のサービスは、グループ内部からの流入を増やしたい。
  • サービスの種類の組みあわせ (どのサービスからの流入なのか) によってCTRが変わる。
ABテスト
  • 一部分だけを出し分けることもできる。AB50%ずつ、だけでなくパターンを増やしたり比率を変えたりする。
  • Refererによって出し分ける、初回訪問時は出し分ける、なども可能
  • 10%の危険率で検定して3%の効果、などという感じで数値を出す
やっていくこと
  • 定点観測による早期警戒 : 定点観測によって異常な変化を検出し、警告を出す。たとえば、Google経由での「オーガニック」へのランディング数が急変→Googleのアルゴリズムが変わっていたことが判明
  • データ計測 : データ量が限界に近付く (グループ全体で毎月50億PV)。BIなどの併用も検討
  • 解析の底上げ : PV・UUなど旧来の考え方から脱却、手法のパターン化、共有
  • ガバナンス : 経営判断に使えるようにフロー化

楽天グループはアクセス解析をガンガンやっていると思っていましたが、昔からやっていたのは市場やトラベルといった主要サイトだけで、グループ全体に行き渡ったのは今年に入ってからなのですね。

グループ全体で運営手法を統一していく、というのは巨大グループ企業に共通した課題だと思いますが、楽天の場合はサービス買収でグループを大きくしてきた経緯もあるので、運営側のツールを統一するだけでもかなり大変なようです。

つづきます : 日本最大級の総合旅行サイト「楽天トラベル」の改善プロセス

関連する話題: Web / RWDD2009

人気のページ

最近の日記

関わった本など

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト