水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 楽天Webディレクション&デザイン2009: 「楽天トラベル」つぶやきながら見えてきたTwitter活用3つのポイント

楽天Webディレクション&デザイン2009: 「楽天トラベル」つぶやきながら見えてきたTwitter活用3つのポイント

2009年11月28日(土曜日)

楽天Webディレクション&デザイン2009: 「楽天トラベル」つぶやきながら見えてきたTwitter活用3つのポイント

公開: 2009年12月8日13時50分頃

トークセッションの後は会場AとBに分かれて、それぞれで異なる話が聞けるという形になっていました。つまり、二者択一でどちらかを選ぶ必要があります。

私が選んだのは、「『楽天トラベル』つぶやきながら見えてきたTwitter活用3つのポイント」。楽天トラベルの林さんのお話です。プログラムを見ると30分の話のように見えますが、実は30分で2話入っているので、実質15分。ほとんどライトニングトークですね。

楽天トラベル公式twitterアカウント
  • 楽天トラベル公式twitterアカウントは @RakutenTravel (twitter.com)
  • 「つぶやき娯レンジャー」と称して5人で担当。林さんはアカ。
  • 2009年8月3日に、公式twitterアカウント開設の提案を行った。
  • 目標は、「多くの人に楽天トラベルを好きになってほしい」ということ。売上げ目標は持っていない。
つぶやきの特徴
  • 時間と共に注目度が低下する。
  • ただし、RT されると注目度が復活、長持ちする。RTされやすいつぶやきが重要。

※RT = retweet、他人のつぶやきを転載すること。頭に RT: と書いて retweet であることを明示するのがならわし。

方針
  • 1. reply、フォロー返しもする。「旅行に行く予定が無くても、フォローしていて楽しいアカウント」を目指す。
  • 2. つぶやきたくなる企画を考える。頭文字俳句のようなネタなど。ただし、企画自体を知ってもらうのが難しい。他のメディアと組み合わせる試みが必要かもしれない。
  • 3. 中の人の個性を出す。フレンドリーな対話を通じて信頼につなげて行く。「オフィスにバナナトラップを仕掛けてみました」「ちょ、楽天トラベル何やってるの」というようなやりとりも。
twitterのメディア特性を理解する
  • 流れていく / 堅苦しくない / つぶやく瞬間が大事
  • twitter自体がこれから成長していくメディア。リスクを恐れず試行錯誤して行く
Q&A
  • Q. つぶやきにどのくらいの時間を割いている? →業務の合間でつぶやいたりしている。業務に支障を来さない範囲で。twitterの特性上、短時間に大量につぶやくのはNGなので、時間をまとめて、というのはしていない。
  • 予約への貢献は? → 正直難しい。たまに、すぐに予約につながる反応があることもある。タイムセールのようなものには効果がありそうだが、未知数。

メモだけだと分かりにくいですね……。実際は写真やグラフなども交えてのプレゼンテーションだったのですが。

replyやフォロー返しもしている、というのがポイントでしょうか。企業の公式アカウントでのフォロー返しには賛否両論ありそうですが、目標が明確にされているので、迷わずにこの方針で行けているのでしょう。

後で出てくるのですが、楽天トラベルでは就業時間のうち10%を好きな研究に宛てることができるそうで、twitterの活用はその中から出てきたものだそうです。そういう経緯だからこそ、具体的な売上げ目標がなく、自由にできているのかもしれません。

つづきます: 楽天グループ、RIA表現への取り組み

関連する話題: Web / RWDD2009

人気のページ

最近の日記

関わった本など

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)友井町バスターズ (富士見ファンタジア文庫)

その他サイト