水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 2002年のえび日記 > 2002年6月

2002年6月

2002年6月25日(火曜日)

IE6 のバグ?

更新: 2002年6月25日

IE6 において、「インターネットオプション」の「セキュリティ」タブでもって制限付きサイトゾーンのセキュリティレベルをカスタマイズして、「IFRAME のプログラムとファイルの起動」を「無効」にすると、何故か iframe のみならず frame まで無効になり、しかも noframes の内容も表示されないという状態になります。八方ふさがり。

ここで言う「IFRAME」には frame も含まれているのかと思いきや、同じ項目を「無効」ではなく「ダイアログを表示」にすると、今度は frame に出会ってもダイアログも何も出ずに有効になるのですから訳が分かりません。

※追記: 実はこれ、IE6 SP1 のリリースノートに新機能として書かれていたりします。当時は SP1 ではなかったのですが、ある時点のパッチでこのような動作になったのだと思われます。

関連する話題: Web / UA / Microsoft / Internet Explorer / IE6

IIS とコンテント・ネゴシエーション

IIS でコンテント・ネゴシエーションを実現する方法を調べようと思い、google で「IIS コンテント・ネゴシエーション」あたりを検索したのですが、なんか見たことのあるサイトばかり数件ヒットしただけで、収穫なし。IIS ってコンテント・ネゴシエーションに対応していないのでしょうか?

関連する話題: Web / Microsoft / httpd / IIS

2002年6月18日(火曜日)

4日ぶりに

4日ぶりにテレビを見たら、なんか鈴木宗男が逮捕されるとかされないとかいう話になっていた模様。いつのまに……。

関連する話題: 出来事

2002年6月9日(日曜日)

祭らしい。

関連する話題: 出来事 / 内輪ネタ / 副業

局地的に

勝ったというのにこのテンションの低さは何なのでしょうか。

関連する話題: 出来事 / 内輪ネタ / 副業

2002年6月8日(土曜日)

LWP の罠

LWP (ftp.ics.uci.edu)でもって

use LWP::UserAgent;
my $uri = 'http://member.nifty.ne.jp/bakera/html/hatomaru.html';
my $ua = new LWP::UserAgent;
my $request = new HTTP::Request GET => $uri;
my $responce = $ua->request($request);
print $responce->headers_as_string();

などとやるとヘッダが取れますが、なんと HTTP 応答ヘッダだけでなく、HTML の中の META http-equiv の内容まで反映されています! 小さな親切大きなお世話……。Another HTML-lint Gateway (openlab.ring.gr.jp) で HTTP 応答ヘッダを表示させると Content-Type がダブったりすることがありますが、どうも LWP が原因のようです。

しかも 302 なんかが返ってくると LWP 自身がリダイレクトを処理して勝手にリダイレクト先のリソースにアクセスする! うーむ……。

関連する話題: コンピュータ / プログラミング / Web / Another HTML-lint / LWP / Perl

2002年6月7日(金曜日)

デリファレンスの罠

配列へのリファレンスをハッシュに格納し、それをデリファレンスしようとしたらハマりました。

my @test = (1,2,3);
my %foo;
$foo{test} = \@test;
print @$foo{test};

これでは駄目。正解は

my @test = (1,2,3);
my %foo;
$foo{test} = \@test;
print @{$foo{test}};

と、{ } がもう一つ必要です。

関連する話題: コンピュータ / プログラミング / Perl / 失敗談

2002年6月6日(木曜日)

中華キャノンならぬ

「中華フラッシュ」って、先行者の技の名前かと思いました。

関連する話題: 思ったこと / 内輪ネタ / Flash / 副業

ファイアーウォール

肉へのアクセスがファイアーウォールで阻まれるだけならまだしも、ダメージを受けるとは……。

関連する話題: 出来事 / 内輪ネタ / もののけ

2002年6月4日(火曜日)

エンカルタでコピペ不可の原因

前にエンカルタのテキストをコピー出来ないという話を書きましたが、原因と回避方法が分かりました。

インターネットオプションを開き、「セキュリティ」タブの「インターネット」を選択、「レベルのカスタマイズ」を行って「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効」にすると回避できます。

しかしいくらなんでもそんなことは出来ないので、「無効」ではなく「ダイアログを表示」にすることにしました。こうすると、コピペしようとする度に許可するかどうか問い合わせてきます。

関連する話題: メモ / コンピュータ / Microsoft / エンカルタ / セキュリティ

人気のページ

最近の日記

関わった本など

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト