水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > ドラクエ10を始めた方へ、5つのコツと……

ドラクエ10を始めた方へ、5つのコツと……

2018年8月26日(日曜日)

ドラクエ10を始めた方へ、5つのコツと……

公開: 2018年8月26日23時10分頃

今月でドラゴンクエスト10が発売されてちょうど6年だそうです。確かに過去の日記を見ると8月2日に買ったという記録があり、ずいぶん時が経ったものだと思います。

6周年を記念してキャンペーンもやっているようで、ゲーム内でも初心者っぽい人をちらほら見かけるようになりました。これから始める、あるいは始めたばかりという方に向けて少しコツなどメモしておこうと思います。

細かい話はめんどくさい、という方は最後の項目だけチェックしてください。

コツ1: 名前と種族以外は後で変えられる

最初にキャラメイクがあります。その後、チュートリアルにあたる「エテーネの村のお話」をクリアすると、もう一度、種族の選択とキャラメイクがあります。

このときに決める姿 (体の大きさや顔、髪型など) は、ゲームが進むと変更できるようになります。あとから変更できないのは名前と種族です (厳密には、名前は有料で一度だけ変更可能)。これは慎重に選びましょう。今は種族ごとの能力差はないので、好みで選んで大丈夫です。

また、職業も選ぶことになりますが、のちほど転職できるようになるので気軽に選んで大丈夫です。どの職を選んでも全く問題ありませんが、あえてお勧めを挙げるなら、旅芸人でしょうか (回復と補助ができて、洞窟から脱出する「リレミト」の呪文も覚えるので、序盤が少し楽です)。

コツ2: 列車に乗ったらガタラへ

スタート地点とオープニングのイベントは種族ごとに異なりますが、いずれにしても、しばらくはほぼ一本道です。ダンジョンをクリアしてボスを倒し、冒険の書とルーラストーンを手に入れることになります (小さなサブクエストもいくつかあります)。

その後、町にたどり着くと、行動できる範囲が一気に広がります。鉄道 (「大地の方舟」という列車。なぜか「電車」と呼ばれることが多い) で他の大陸に移動できるようになるのですが、移動先候補の駅は6つもありますし、現在の大陸を探索することもできるので、選択肢が一気に増えます

何をしても良いのですが、私のお勧めは「岳都ガタラ」へ行くことです。ガタラでは「ドルボード」と呼ばれる乗り物を入手でき、これを入手するとフィールドを素早く移動できるようになります。ドルボードを取ってから他を回ると良いでしょう。

ガタラお勧めの理由はもう一つありますが、それは次項で。

コツ3: 仲間モンスターを早めに

ドラクエ10には「仲間モンスター」のシステムがあり、一部のモンスターを仲間にして育てることができます。仲間モンスターを連れた状態で戦闘すると、仲間モンスターにも経験値が入ります。このとき、仲間モンスターが引っ込んでいる状態でも経験値が入りますし、自分の獲得経験値が減るようなこともありません。さらに、「モンスター牧場」に預けたモンスターにも経験値が入ります。モンスターを仲間にすると、それ以降ずっと成長機会があるわけですから、早く仲間にしておくとお得です。

モンスターを仲間にするには、「まもの使い」「どうぐ使い」のいずれかの職になる必要がありますが、いずれも、かなり序盤で転職できるようになります。まもの使いは「オルフェア地方西」から行ける「オルファの丘」、どうぐ使いは「ガタラ原野」から行ける「デルクロアの研究室」で転職クエストが受けられます。どちらもクリア条件は難しくありません。

転職したら、好きなモンスターをスカウトしましょう。将来、「モンスターバトルロード」に参加するには仲間モンスター3種類が必要になりますので、異なる種類のモンスターを3匹確保しておくと良いでしょう。全く活躍できないモンスターはいないので、基本はお好みで良いと思います。序盤で確保できるキメラ、ホイミスライムなどは最後まで活躍できます。

※強さ的にはドラキー、ドラゴンキッズ、キラーパンサーなどもお勧めですが、序盤では仲間にできません。ドラキーは序盤に出てくるあいつですが、スカウトの書の入手がモンスターバトルロード参加後になります。

コツ4: こまめに装備を買い換えなくていい

これはドラクエ10の大きな問題点だと思うのですが、中レベル帯の装備は入手しにくいという状況があります。

ドラクエ10では、装備品に装備可能レベルが設定されていて、たとえば「どうのつるぎはレベル1から装備可能」「はがねのつるぎはレベル28から装備可能」といった具合になっています。つまり、レベル27ではがねのつるぎを買っても、装備できないのです。

レベルが上がると、装備可能なものが増えていきます。となると、レベルがある程度上がったところで装備を更新したくなるはずです。装備は、基本的に他のプレイヤーが作ったものを旅人バザーで購入するというシステムで、いつでも買うことができます。

しかし残念なことに、中途半端なレベル帯の装備は作る人が少なく、あまり出回っていません。わずかな出品があっても、買いやすい価格ではないことが多いです。よって、装備のこまめな買い換えはお勧めしません。レベル50前後で装備を一通り買い、あとは使いつづけるようなイメージで良いと思います。高レベル帯 (96以上) になると、装備もたくさん出回っていますし、無料で装備を入手する手段もありますので、そこまで我慢しましょう。

ただし、攻撃役の職の場合、武器の攻撃力は重要ですので、武器だけはそれなりに買い換えた方が良いかもしれません。防具は後回しで良いと思います。

コツ5: 人に聞けるようにしておく

最もお伝えしたいコツがこれです。

ドラクエ10はオンラインゲームです。そのため、ゲーム内で他のプレイヤーと会話することができます。当たり前のことではあるのですが、これが、本当に大事です!

分からないこと、悩んだことがあったら、ゲーム内で人に聞けば良いのです。人に聞く、これ以上のコツはありません!

といっても、道中で見知らぬ人に質問するのは難しいでしょう。そもそも、フィールドに人がいないこともあります。

そこでお勧めしたいのが「チーム」です!

ドラクエ10には「チーム」という機能があり、キャラクターはひとつのチームに所属することができます。チームに所属すると、チーム集会所のルーラストーンがもらえるなど様々なメリットがありますが、最も重要なのは「チームチャット」と呼ばれるチャットルームが利用できることです。チームチャットでの発言には地理的な制約がないので、大陸の反対側にいるメンバーにも届きます。つまり、好きなタイミングで好きな相談ができるのです。ベテランのチームメンバーがログインしているタイミングで質問を投げてみると、たいてい答えが返ってきます。

チームチャットでできるのは質問だけではありません。パーティメンバーの募集もできますし、日常的にドラクエの話やゲームの話で気軽に盛り上がっていることもあります。何しろ、ここにいる人は極めて高確率でドラクエ好き、ゲーム好きですから、その手の話題には事欠きません。

個人的には、このチームの存在がドラクエ10のキモだと思っています。チームがなかったら6年も続けていなかったでしょう。

しかし、初心者がいきなりチームに入るのはハードルが高いと思われるかもしれません。ただ結論としては、大丈夫です! 一口にチームと言ってもいろいろありますが、初心者歓迎、体験入隊OKのチームもあります。酒場から条件を指定して検索できますので、まずはそういうチームを探してみて試しに入ってみてはどうでしょうか。

番外編: レンダーヒルズの石を持つ

最後にコツと言うほどでもない話をひとつ。

娯楽島ラッカランに行って駅から出ると、左手に「ラッカラン住宅村」の入り口があります。入ると、「レンダーヒルズ」と呼ばれる地区にたどり着きます。

プレイヤーは「住宅村」に家を持つことができるのですが、このレンダーヒルズは土地が1億ゴールドとかなり高く、そのかわり施設が充実していてとても便利です。始めたばかりの人が、ここの土地を購入することは困難です (仮にお金があったとしても土地が空いていません) が、土地のオーナーでなくとも施設を利用することはできます。ラッカラン住宅村のルーラストーンを持っておくと、とても便利です。

ルーラストーンを持つには、家の前にある看板を調べます。その土地のオーナーがルーラの登録を許可していれば、ルーラストーンの飛び先に登録することができます。逆に言うと、オーナーが許可していないこともあり、その場合は登録できません。登録を許可している家を探しましょう。

ちなみに、ラッカラン住宅村レンダーヒルズ地区40丁目2番地にある家はルーラの登録を許可しています。その家はあるチームの集会所にもなっており、そのチームはメンバーの募集もしているようですので、一度試しに訪問してみてはどうでしょうか。

以上、ドラクエ10を始めた方へ、5つのコツとチームメンバー募集の宣伝でした。

関連する話題: ゲーム / ドラクエ

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)友井町バスターズ (富士見ファンタジア文庫)

その他サイト