水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 複数デザイン案と捨て案

複数デザイン案と捨て案

2012年11月8日(木曜日)

複数デザイン案と捨て案

公開: 2013年3月11日10時45分頃

「「IPA Web サイトコンテンツ移行・デザイン改訂業務」に係る事前確認公募 公募要領」という文書があるようで、PDFが以下に置かれています。

9ページ以降が要求仕様となっているのですが、いろいろ気になるところがありますね。

細かいところでいうと、2.1(1)の⑦のあたりとか。

⑦ JIS X 8341-3:2010 の等級A 以上に則ること。

以上、「IPA Web サイトコンテンツ移行・デザイン改訂業務」に係る事前確認公募 公募要領 より

「等級A 以上に則る」というのは何を意味するのでしょうか。「等級A以上」と言われても、A未満は存在しませんし……。おそらく、等級Aの達成基準全てを満たすということだろうとは思うのですが、もうすこし正確に表記したいところです。

2.1(1)の⑧もなんというか。

⑧ HTML4.0 Transitional 以上又はXHTML1.0 Transitional 以上の規格に準拠すること。

以上、「IPA Web サイトコンテンツ移行・デザイン改訂業務」に係る事前確認公募 公募要領 より

「以上」とは何なのでしょうね。HTML5は可なのか不可なのか、よく分からない記述です。

まあ、これらは別に重要ではなく、実際に受注したときにしっかり決めれば良いとは思うのですが、私が一番気になったのはこれ。

③ 新 Web サイトトップページのデザイン案を3 種類作成し、その3 案の中からIPA が選定する1案について、IPA の指示に従い必要な修正を行う。

以上、「IPA Web サイトコンテンツ移行・デザイン改訂業務」に係る事前確認公募 公募要領 より

3案とありますが、なぜ2案や4案ではなく3案なのでしょうか。3という数字に根拠はあるのでしょうか。

また、その中からIPAが1案を選定するということですが、いったいどうやって選定するのでしょうか。

これがコンペで、3者に提案させて1者に絞るというなら分かります。3者はそれぞれ異なる視点、異なるコンセプトで提案するでしょうから、最もマッチすると思った提案を選べば良いのです。

しかし、1者に3案を作成させてもあまり意味がありません。受ける方は3案を等しく作るのではなく、ほとんどの時間を1案に費やし、平行して「捨て案」を2つ作るという対応をします。

これは別に手抜きではなく、以下のような事情があります。

さらにもう一つ、先にも書いたように、発注側がどうやって選ぶのかという問題があります。デザインは課題を解決するために行うもので、本来、個人の好みとは関係がないものです。3つを眺めて気に入ったものを選ぶ、という方法は適切ではありませんし、そう簡単には結論が出せません。

問題を解決する方法のひとつは、プロであるデザイナーがあらかじめ選んでおくということです。デザイン作業の時点で本命を1案に絞り、残りを明確に劣ったもの (コンセプトとずれたもの) にすれば、発注者が自然にひとつを「選ぶ」ことができるわけです。つまり、捨て案には「発注者が迷わず本命案を選べるようにする」、もっと言ってしまえば「発注者が自ら選んだと錯覚させる」という効果があります。

また、もう少し積極的な意味として、本命のコンセプトが明確になるという側面もあります。捨て案の駄目な部分を確認し、それがなぜ駄目なのかを理解すれば、本命案の意図やコンセプトも理解しやすくなるでしょう。

とはいえ、捨て案はもとより捨てられる前提のものであり、作らなくても良いものです。捨て案とはいえデザインとして成立させなければならないわけで、その作成にはかなり時間がかかります。その時間を1案のブラッシュアップに費やした方が、最終的なクオリティは高くなる場合が多いでしょう。

RFPを作る際は、複数案を出させることが本当に必要なのかどうか、よく考えてから決めた方が良いと思います。

関連する話題: Web / デザイン

人気のページ

最近の日記

関わった本など

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト