水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > ガリレオの苦悩

ガリレオの苦悩

2011年10月27日(木曜日)

ガリレオの苦悩

公開: 2011年10月31日1時5分頃

読み終わったのでメモ。

探偵ガリレオシリーズ。相変わらずの科学トリックではあるのですが、科学っぽさは抑え気味で、科学の知識があると解けるという話は少ないです。特定の知識を問うというよりも、「科学的なアプローチとは何か」とか「科学者の倫理とは何か」といった、根本的な考え方の部分にフォーカスしたストーリーが多いように思いました。

特に印象に残ったのは、論理ではなく実験、実践を重視する姿勢。やってみる、というスタイルが肯定的に描かれています。

あとは、単に犯人を追い詰めるだけではない湯川の姿。科学者と対峙することになったり、逆にあえて科学を使わなかったりと、「科学の知識は必要だが、科学の知識だけでは解決できない問題がある」というテーマが見て取れます。

このあたりは、容疑者xの献身 (www.amazon.co.jp)と共通する部分もありますね。

関連する話題: / 買い物 / 探偵ガリレオ

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 Webプログラミング

その他サイト