水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか

なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか

2011年6月15日(水曜日)

なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか

公開: 2011年6月25日21時40分頃

読み終わったので。

なんと本書の前半、半分以上はひたすら死刑事例を紹介するという、予想の斜め上を行く構成。昭和20年から平成20年まで、時代を追いながら、ただ淡々と死刑判決の事例が紹介されていきます。まあ、それはそれで興味深くはあるのですが……。結局、この膨大な事例から導き出されるのは「死刑の基準は一定不変ではなく、時代や世相に影響されて変化する」という事だと思うのですが、それをこのような形でやってのけるのが凄いと言えば凄い、ある意味、元裁判官らしいと思います。

その大ボリュームの前半に比べ、本論であるはずの後半はあっさり。議論の運びがこれまた淡々としていて、押しつけがましさがないのは好感が持てますが、逆にちょっと拍子抜けな感もあります。中立であろうとすることにこだわりすぎているのかもしれず、これまたある意味、元裁判官らしいと思いました。

タイトルの「なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか」に対する明確な答えがあるわけではないので、そこに期待して読むと拍子抜けするかもしれません。

関連する話題: / 買い物

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト