水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 読めないサイト

読めないサイト

2004年11月1日(月曜日)

読めないサイト

JIAA、第3回東京インタラクティブ・アド・アワードの作品募集を開始 (internet.watch.impress.co.jp)」ということで見に行ったのですが……字が小さいし! 色が薄いし!! はっきり言って読めません。スタイルシートを無効にすると中のテキストは読めるようになり、スタイルシートを無効にできるありがたみを全身で感じることができます。

※それでも画像化された見出しは読めないし、なんか alt="" になってるし……。過去の受賞作品のページ (203.179.59.79)なんかはふつうのコントラストがあるので、そのままでも何とか読めるのですが。

私は昔 (といっても 3年以上前)、「グラフィックデザイナーは Web サイトのアクセシビリティを考えられない」などという偏見を抱いていたものですが、それはこういうサイトの存在によるものなのでありました。もちろん実際には、世の中にはアクセシビリティを考えられるデザイナーと、そうでない人の両方が存在します。幸運にも、私は前者に該当する方にたくさん出会うことができました。

……それはそれとして、これだけ長い Server: フィールドは珍しいですね。

Server: Apache/2.0.40 (Red Hat Linux) mod_perl/1.99_07-dev Perl/v5.8.0 mod_auth_pgsql/0.9.12 PHP/4.2.2 mod_python/3.0.1 Python/2.2.2 mod_ssl/2.0.40 OpenSSL/0.9.7a DAV/2 mod_webapp/1.2.0-dev FrontPage/5.0.2.2634

ええと……。フレームで URL を隠す構造、謎の左フレーム、隠されている IP アドレスが露出した URL といった要素も相まって、Coming Soon となっているエントリーフォーム (203.179.59.79)がいったいどういうものになるのか、ちょっと気になる今日この頃であります。

関連する話題: アクセシビリティ / フレーム

人気のページ

最近の日記

関わった本など

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト