水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > MS の spam 対策

MS の spam 対策

2004年4月9日(金曜日)

MS の spam 対策

Microsoft,IPアドレスで送信元を特定するスパム対策技術を公表 (itpro.nikkeibp.co.jp)」という話。DNS がどうたらと言っていたので、良くあるブラックホールリストの話なのかと思っていましたが、違うようで。

Caller ID for Emailでは,発信者の電話番号の代わりにIPアドレスを基にする。具体的には,受信側zSMTPサーバーがメールを受信した際に,そのメールが,そのメールの送信元メールアドレスのドメイン(メールアドレスの@以下の部分)に所属するSMTPサーバーから送られてきたかどうかを調べる。

以上、Microsoft,IPアドレスで送信元を特定するスパム対策技術を公表 より

これは「SMTP mail fromを spam 判別に利用する (spam.qmail.jp)」という方法ですね。リンク先に書かれているように、この方法には

しかしながら、現在の SMTP の仕組みの中では送信者のドメインの正当な送信サーバを DNS だけでは知ることはできません。

以上、SMTP mail fromを spam 判別に利用する より

という問題があるのですが、それを知ることができる仕組みを作ろうという話のようで。

では具体的にどうするのかというと、「マイクロソフト、迷惑メール削減に向けた取り組みを披露 (enterprise.watch.impress.co.jp)」によると、

これは、あらかじめメール送信者がDNSサーバーにメールポリシードキュメントとして送信メールサーバーのドメイン名とIPアドレスを公開しておき、受信メールサーバーがメッセージごとに記述されている情報とDNSサーバーのドキュメントと照合することで、送信元のメールアドレスを偽る「偽装メール」かどうか判断するというもの。ドキュメントはTXTレコードにXML形式で記述されるため、「既存のメールシステムでも対応でき、将来的に拡張も可能。

以上、マイクロソフト、迷惑メール削減に向けた取り組みを披露 より

ということで、TXT レコードに XML データを突っ込むようです。

※しかし TXT レコードなんて存在自体忘れていました (言い過ぎ)。

関連する話題: セキュリティ / spam / メール / MTA

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13

その他サイト