水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 2017年のえび日記 > 2017年7月

2017年7月

2017年7月13日(木曜日)

WCAG 2.0の「非干渉」とは何か?

公開: 2017年7月13日16時45分頃

7月11日に、「WCAGもくもく会 #1 (ca11y.connpass.com)」というイベントが行われました。

WCAG 2.0と関連文書の日本語訳をひたすら読むという趣旨でしたが、さまざまな感想やフィードバックをいただけて大変参考になりました。その感想の中のひとつに、「非干渉」についての話がありましたので、少しコメントしておきます。

「非干渉」とは何かという話ですが、「非」干渉と言っているわけですから、その前提として「干渉」という概念があります。では「干渉」とは何かということですが、私なりに簡単に言えば、「そのコンテンツにアクセスできないだけでなく、他のコンテンツにも干渉してアクセスできなくしてしまうこと」ということになります。

多くの場合、アクセシブルでないコンテンツがあっても、単にその部分が読めないだけであり、他の部分を読めなくしてしまうことはありません。たとえば、アクセシブルなテキストで構成されたWebページの中に、一箇所だけ、適切な代替テキストがついていない (アクセシブルでない) 画像が含まれている場合を考えてみましょう。画像に適切な代替テキストがないため、スクリーンリーダーのユーザーは画像にアクセスできません。これは問題ですが、その画像が無視しても差し支えないものであれば、他のテキスト部分は問題なく読むことができます。

しかし中には、他の部分を読めなくしてしまうような問題もあります。代表的な例は「閃光」です。画面が激しく点滅していると、ユーザーは発作を起こすおそれがあるとされます。Webページ全体が激しく点滅する場合、コンテンツにアクセスできないユーザーがいるのは明らかです。では、Webページの一部分だけが激しく点滅し、他の大部分は点滅しないアクセシブルなコンテンツである、という場合はどうでしょうか。閃光を放つコンテンツが無視してよいものであったとしても、ユーザーがそれを見て発作を起こしてしまえば、他の部分を読むことはできなくなるでしょう。

このようなものが「干渉」で、WCAG 2.0では以下の4つが干渉を起こすとされています。

このような問題があると、たとえそれがごく一部であり、無視してよいものであったとしても、他の部分にアクセスできなくなってしまいます。そのため、WCAG 2.0の適合要件には「非干渉」という要件があり、干渉を起こすようなコンテンツがあれば、それが無視してよいコンテンツだったり、代替ページがあったりしても適合できないことになっています。

5. 非干渉: 技術がアクセシビリティ サポーテッドではない方法で用いられている場合、又は適合しない方法で用いられている場合、利用者がウェブページの他の部分へアクセスすることを妨げていない。

以上、WCAG 2.0 適合 - 5. 非干渉 より

分かりにくいと思いますが、要するに、無視して良いようなものであっても干渉したらNGということを言っています。

※余談ですが、私がJIS X 8341-3:2016原案作成委員会に参加して訳語の見直しを行った際、「非干渉」は分かりにくいと感じた訳語ワースト3に入っていました。ちなみに他の2つは「中断」と「頑健」で、これらは訳語を変更しています。「非干渉」については、より良い訳語が思いつかなかったため、そのまま残ってしまいました。

関連する話題: Web / アクセシビリティ

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト