水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 2017年のえび日記 > 2017年4月

2017年4月

2017年4月4日(火曜日)

コーディングWebアクセシビリティ 電子版

公開: 2017年4月4日18時55分頃

私が監訳として携わった「コーディングWebアクセシビリティ (www.amazon.co.jp)」ですが、先月末に電子版が発売されまして、今日からAmazonでも買えるようになりました。

こちらは「デザイニングWebアクセシビリティ (www.amazon.co.jp)」と違い、比較的ガチなマークアップの話になっていますので、HTMLを書く機会のあるプログラマーのような方にも参考になるのではないかと思います。

なお、原著の文章にはかなりのジョークがちりばめられており、監訳に際してはその色を生かす方針としたため、それなりにアクの強い内容になっているかもしれません。Twitterでは以下のようなコメントもいただきました。

WAI-ARIAについての説明で role="dwarf" aria-hasSword="true" aria-cloaked="true" という例を出してくるあたり、只者ではないですね。初期のD&Dを持ってくるにしても、role="fighter" なり role="thief" なりのほうが分かりやすいと思うのですが、あえて dwarf とするあたり、かなりのドワーフ愛を感じます。

※初期のD&Dでは、キャラクターのクラスを「ファイター」「クレリック」「マジックユーザー」「シーフ」「エルフ」「ドワーフ」「ハーフリング」の7種から選ぶことになっていました。職業と種族が同列の扱いになっており、「ドワーフのクレリック」のような設定はできませんでした。

というわけですので、ドワーフが好きな方にはおすすめです。

ちなみに原著者のヘイドンさん、その後Inclusive Design Patterns (www.amazon.co.jp)という本を出されているのですが、Bruce Lawsonさんは前書きで以下のようなコメントを寄せています。

It's a little unfortunate that Heydon didn't accept some of my amendments to make his musical taste less — what's the word? — embarrassing, but don't let that put you off reading.

音楽ネタをもう少し控えるように、という提言が受け入れられなかったという話のようで、大変にシンパシーを覚えます。実はこの本も現在監訳作業中でして、マニアックなジョークをどの程度生かそうか迷っているところではあるのですが、ともあれ、お楽しみにということで。

コーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションコーディングWebアクセシビリティ: WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチInclusive Design Patterns (English Edition)

関連する話題: Web / アクセシビリティ

人気のページ

最近の日記

関わった本など

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト