水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 2017年のえび日記 > 2017年11月 > 2017年11月22日(水曜日)

2017年11月22日(水曜日)

GitHub+OmegaTによる翻訳書制作ワークフローの可能性と課題

公開: 2017年11月25日19時55分頃

電書ラボ公開セミナー2017第3回 Gitを活用した電子書籍制作 (densholab.jp)」というイベントがあり、「インクルーシブHTML+CSS&JavaScript - 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターン (www.amazon.co.jp)」の制作についてお話ししました。以下にスライドがあります。

ある意味失敗している風に見えるかもしれませんが、いろいろと試行錯誤しているということで。

ツールを導入して工夫するといろいろ効率化ができるのですが、壁になるのはそのツールを全員が使えるかどうかという点です。下訳からDTPまで一気通貫で単一のデータを扱えるようになれば、様々な問題が一気に解決するのではないかと思います。引き続き試行錯誤していきたい所存です。

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターン

関連する話題: 講演

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチ体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)友井町バスターズ (富士見ファンタジア文庫)

その他サイト