ばけらの HTML リファレンス(未完成)

bakera.jp > 鳩丸リファレンス > ばけらの HTML リファレンス(未完成) > 要素一覧 > textarea要素

textarea要素

要素名バージョン開始タグ終了タグ分類/親中身
textarea2.0, 2.x, 3.2, 4.0, X1.0, X1.1必須必須%formctrl;(#PCDATA)
属性名バージョン属性値既定値備考
name3.2, 4.0, X1.0, X1.1CDATA#IMPLIED
rows3.2, 4.0, X1.0, X1.1NUMBER#REQUIRED
cols3.2, 4.0, X1.0, X1.1NUMBER#REQUIRED
disabled4.0, X1.0, X1.1(disabled)#IMPLIEDunavailable in this context
readonly4.0, X1.0, X1.1(readonly)#IMPLIED
tabindex4.0, X1.0, X1.1NUMBER#IMPLIEDposition in tabbing order
accesskey4.0, X1.0, X1.1%Character;#IMPLIEDaccessibility key character
onfocus4.0, X1.0, X1.1%Script;#IMPLIEDthe element got the focus
onblur4.0, X1.0, X1.1%Script;#IMPLIEDthe element lost the focus
onselect4.0, X1.0, X1.1%Script;#IMPLIEDsome text was selected
onchange4.0, X1.0, X1.1%Script;#IMPLIEDthe element value was changed

共通属性 …… %coreattrs;, %i18n;, %events;, %reserved;

textareaの解説

input要素に type=text を指定すると一行の入力欄ができますが、textarea要素は複数行に渡る入力欄をつくり出します。

入力欄の行数と列数は cols属性rows属性で指定します。この二つの属性は必須です。なお、これらは表示領域の大きさを指定するだけで、入力行数・列数を制限するわけではありません。textarea には maxlength属性はありませんので、入力できる文字数を制限することはできません。視覚系のブラウザはスクロールバーを表示して、いくらでも入力を受け付けるでしょう。

※しかし、なぜ表示サイズの指定が必須なのかはイマイチわかりません。サイズ指定はスタイルシートでもできますし……。

要素の中身は #PCDATA となっていますが、これは入力欄の初期値を表します。pre要素と同様に、改行やスペースがそのまま扱われることに注意して下さい。ただしpre要素と異なり、textarea要素の中身は #PCDATA のみですので、マーク付けをすることはできません。

繰り返しますが、このデータは #PCDATA です。CDATA ではありませんので、& < > などをそのまま書くことはできません。それらはそれぞれ &amp; &lt; &gt; などとする必要があります。ブラウザによっては、textarea の中に < がある場合にはエラー処理としてそれを CDATA 扱いにしてくれるものもあるようで、それによって動作が異なってくる場合があります。時にとんでもないトラブルになる場合がありますので注意が必要です。

最近の日記

関わった本など

ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 Webプログラミング