ばけらの HTML リファレンス(未完成)

bakera.jp > 鳩丸リファレンス > ばけらの HTML リファレンス(未完成) > 要素一覧 > meta要素

meta要素

要素名バージョン開始タグ終了タグ分類/親中身
meta2.0, 2.x, 3.2, 4.0, X1.0, X1.1必須禁止%head.misc;EMPTY
属性名バージョン属性値既定値備考
name3.2, 4.0, X1.0, X1.1NAME#IMPLIEDmetainformation name
http-equiv3.2, 4.0, X1.0, X1.1NAME#IMPLIEDHTTP response header name
content3.2, 4.0, X1.0, X1.1CDATA#REQUIREDassociated information
scheme4.0, X1.0, X1.1CDATA#IMPLIEDselect form of content

共通属性 …… %i18n;

metaの解説

メタ情報 (データのデータ、情報の情報) を表す要素です。HTML 文書を扱う際に必要な情報を記します。

name属性http-equiv属性 はいずれか一つを必ず指定します。

http-equiv を指定した場合、これはサーバ側で解釈されて、HTML 文書が転送される際に HTTP応答ヘッダにその情報が盛り込まれます……となることが期待されるのですが、盛り込んでくれるサーバは少ないかもしれません。Apache の場合は mod_mime_meta モジュールを有効にすればそのような動作をしてくれますが、サーバ側の負荷が高くなってしまいますので、あまり人気はないようです。

そのようなわけで、実際にはユーザエージェント側で「HTTP応答ヘッダに追加されているかのように」解釈してくれるのが一般的のようです。

name属性を指定してある場合には、単にユーザエージェント側で扱われるメタ情報とみなされます。

人気のページ

最近の日記

関わった本など

コーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践Web Site Expert #13

その他サイト