ばけらの HTML リファレンス(未完成)

bakera.jp > 鳩丸リファレンス > ばけらの HTML リファレンス(未完成) > 要素一覧 > li要素

li要素

要素名バージョン開始タグ終了タグ分類/親中身
li2.0, 2.x, 3.2, 4.0, X1.0, X1.1必須省略可ol, ul, dir, menu(%flow;)*
属性名バージョン属性値既定値備考
type3.2, (4.0), (X1.0)%LIStyle;#IMPLIEDlist item style
value3.2, (4.0), (X1.0)NUMBER#IMPLIEDreset sequence number

共通属性 …… %coreattrs;, %i18n;, %events;

liの解説

list item, すなわち個々のリスト項目を表す要素です。単独で使われることはなく、常に ol要素ul要素の中身として使用されます (dir要素menu要素の中身として用いられることもありましたが、これらはほとんど使用されていません)。昔は希に、ul などを使わずに li だけで箇条書きができるかのような解説を見かけましたが、誤りです。

type属性は、親要素が ol もしくは ul の場合のみ指定できます。とれる属性値は親要素の type属性と同じです。これは、特定の項目のみ印や数字の種類を変更するのに用います。

value属性は親要素が ol の場合に用いることができます。数値を指定すると、それまでのカウントがクリアされ、その li には指定された番号が振られます。以降はその番号からカウントしていきます。

属性はいずれも非推奨です。スタイルシートの使用が推奨されます。

なお、この要素はリスト項目全体を <li>~</li> で囲んでマーク付けするものです。昔は「li には終了タグがない」という説明をしている本があったりしたものですが、誤りです。li の終了タグは省略可能ではありますが確かに存在しますし、XHTML では終了タグをきちんと書かなくてはなりません。

最近の日記

関わった本など

ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 Webプログラミング