ばけらの HTML リファレンス(未完成)

bakera.jp > 鳩丸リファレンス > ばけらの HTML リファレンス(未完成) > データ形式 > RCDATA (置換可能文字データ)

RCDATA (置換可能文字データ)

RCDATAの解説

Replaceable Character Data、「置換可能文字データ」です。「置換可能」とは、文字参照が対応する文字に置き換えられることを意味します。つまり CDATA と異なり、& と書くと & に置き換えられことになります。けれども、#PCDATA と違ってマークは解釈されませんので、タグやコメントのようなものを書いても単なるデータとして扱われます。

現在の HTML でこのデータ形式が使用されている部分はありませんが、HTML1.0 ドラフトの title要素の中身がこの形式でした。

また、SGML 的には引用符で括られた属性値は RCDATA としてパースされることになっていますので、属性値は RCDATA と同じ特徴を持ちます。すなわち、文字参照は解釈され、タグやコメントなどは解釈されないことになります。

属性値の中で文字参照が解釈されることには注意が必要です。特に href属性の値に & を含む URL をそのまま書くことはできませんので注意してください。たとえば、http://example.jp/foo?bar&baz という URL があったとき、ブラウザのアドレスバーには http://example.jp/foo?bar&baz と打ち込むことになりますが、href属性の値としては href="http://example.jp/foo?bar&baz" あるいは href="http://example.jp/foo?bar&baz" と指定する必要があります。

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト