水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > ファイアーエムブレム覚醒 ルナティックでの稼ぎプレイ

ファイアーエムブレム覚醒 ルナティックでの稼ぎプレイ

2012年6月18日(月曜日)

ファイアーエムブレム覚醒 ルナティックでの稼ぎプレイ

公開: 2012年7月1日18時30分頃

ファイアーエムブレム覚醒 (www.amazon.co.jp)、ルナティック。

19章と外伝17がプレイできる状況ですが、どちらも厳しい……。

厳しさの原因は、敵の攻撃をまともに受けられるユニットが少ないということにあります。

元々、ファイアーエムブレムは少数精鋭が強いゲームです。弱いユニット大勢で戦うよりも、エースユニットを一人で敵陣に突っ込ませる方が楽です。そうするとエースユニットに経験値が集中し、弱いユニットとの差がどんどん開いていきます。

それでも、過去作ではその差に一定の歯止めがありました。エースユニットがレベル上限に達すると、もったいないからできるだけ他のユニットを使おう、という意識が働きました。しかし、今作では、チェンジプルフを使えば育て放題なので、エースユニットへの経験値集中に歯止めがかかりにくくなっています。さらに、難易度ルナティックでは弱いユニットはすぐに死んでしまうので、弱いユニットを鍛え直すと言うこと自体が難しいです。

そんなこんなで、今の戦力はこんな感じ。

スーパーエースは突出した強さで、一人で敵を全滅させることができます。準エースはそんなに強くないので、ダブルで誰かをサポートにつけないと厳しいです (特に、ノノは速さが足りないので追撃されてしまいます。そもそもルナティックでは使いにくいと思いますが、好きなので使っています)。

戦える人数は少ないのですが、それでも敵を倒していくのに問題はないので、たいていのステージは何とかなります。

しかし、この戦力ではどうにもならないタイプのステージもあります。それは、広域の防衛が必要になるステージです。狭い通路で前からやってくる敵を迎え撃つ場合、エースや準エースを前に出し、他のユニットを後ろに下げれば問題ありません。しかし、四方八方から敵がやってきて囲まれてしまうような局面では、この方法は通用しないのです。

障害物のほとんどない平原で大量の騎馬兵・ドラゴンマスターと戦わなければならない、19章。

三方から押し寄せる大量の飛行ユニットからチキを守らなければならない、外伝17。

どちらも少数のエースユニットではどうにもならないステージです。まあ19章の方は、後衛を守る必要がなければ問題ないので、エースユニットだけを出撃させれば解決するのですが……プレイ条件として、通常の章では出撃枠を全て埋めるという制約を課しています。

というわけで、前衛で戦えるユニットを増やすために、しばらく経験値稼ぎを行いました。と言っても、有料追加コンテンツは自主規制していますし、遭遇戦の屍兵は強すぎます。遭遇戦の屍兵は全能力がカンストしている上に神器よりも強い錬成武器を持っていて、たとえばバーサーカーの攻撃力は79です (力50、斧の達人+5、錬成銀の斧の攻撃力が23、武器レベルAで+1)。守備力や魔法防御も上限に達しているので、弱いユニットでは攻撃が全く通りません。

となると、稼ぎに使えるのは、すれ違い通信・配信チームによる遭遇戦です。難易度ルナティックでは、これらに経験値が1しかもらえない、武器熟練度も上がらない、という制限がつけられていて、稼ぎには向きません。しかし、全く稼げないわけではありません。実は以下のような抜け道があります。

さらに、1ポイントでも経験値はもらえるので、根気強く繰り返せば成長できます。

というわけで、杖ユニットを中心に稼ぎを開始。リズ、マリアベル、スミア (レベル10でシスターにチェンジ)、オリヴィエを育てました。

……私はこの手の稼ぎをあまり苦にしないタイプで、気が付けば全員ダークペガサス、マリアベルは全能力がカンストという状態に……。

※これで楽勝、と思いきや、そうでもなかったりするのがルナティックなのですが。

関連する話題: ゲーム / 任天堂 / ニンテンドー3DS / ファイアーエムブレム

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングDreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト