水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 鼻血とガードレールの金属片

鼻血とガードレールの金属片

2011年7月21日(木曜日)

鼻血とガードレールの金属片

公開: 2011年7月27日1時25分頃

こんな話が……「鼻血効果 (hirorin.otaden.jp)」。放射線の影響によって鼻血を出す子供が増えている、という噂についての話なのですが、私が思い出したのは「ガードレールに金属片が挟まっている」という事件です。

2005年頃の話ですが、ガードレールに鋭い金属片が挟まっていて、自転車に乗っていた中学生が怪我をするという事件がありました。マスコミでは報道がかなり盛り上がり、何故こんな金属片が挟まっていたのか、その謎について盛んに分析を始めました。愉快犯の仕業、という見方が有力になってきた……と思ったら、同様の金属片が挟まっているケースが次々に発覚。マスコミからは、組織的な犯行ではないか、ネットを通じて結託したのではないか、など様々な憶測が流れたわけですが、最終的にはどのくらい発見されたかというと……。

・直轄国道 : 4,188 箇所

・都道府県、政令指定都市が管理する道路 : 18,903 箇所

(点検完了が45都道府県、点検中が2県)

・市町村が管理する道路 : 14,394 箇所

(点検完了が2,299市区町村、点検中が98市区町村)

・道路関係4公団が管理する道路 : 408 箇所

全国合計 : 37,893 箇所

以上、国土交通省の車両用防護柵(ガードレール)の点検について(調査結果)<6月8日15:00時点 より

国土交通省が把握したその数、実に37,893です! これが犯行なのだとすれば、もの凄い行動力、組織力です。

その後、国土交通省が委員会を立ち上げて原因調査を行っています……「防護柵への付着金属片調査委員会 (www.mlit.go.jp)」。この調査は非常に興味深いのですが、結論としては自動車の一部らしいということが分かりました。自動車がガードレールに接触し、継ぎ目やボルトに引っかかると、鋭利な三角形に剥ぎ取られてくっつく場合があるという。

怪我をした中学生には申し訳ないですが、分かってみればなんということはない話です。しかし驚くのは、これが全国で何万件も発生していたのに、誰も気にしていなかったということです。そして報道されるや、次々に事例が報告されました。実は以前からずっとそうだったのに全く報告されておらず、一度注目されると、そこではじめて一気に出てくるということになるわけです。

こう言うことは結構良くありますので、犯人捜しをする前に、「実は以前からそうだったんじゃなかろうか」などと考えてみるのは良いことだと思います。

関連する話題: 科学 / 思ったこと

人気のページ

最近の日記

関わった本など

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)友井町バスターズ (富士見ファンタジア文庫)

その他サイト