水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > チョコレートゲーム

チョコレートゲーム

2011年4月19日(火曜日)

チョコレートゲーム

公開: 2011年4月24日13時45分頃

読み終わったので。

中身は悪くなかったと思うのですが、巻末の解説がなんとも。

ファミコンやパソコンなど機械と対話することにしか慰めを得られない孤独な中学生の生態は、この『チョコレートゲーム』によって初めて描き出されたといってよいのではないかと私は思う。

どこにそんなのものが描かれているのか、私には分かりませんでした。私が読んだ範囲では、本作には中学生がファミコンやパソコンに没頭するシーンは全く出てきません。部屋にパソコンが置かれているシーンはありますが、ただ置かれているだけで没頭していたような描写はありませんし、そのパソコンが購入された背景も明らかになります。

そもそも、本作のポイントである「チョコレートゲーム」は、友達との交流がなければ成立し得ないゲームです。主人公の息子である省吾は、友との交流の中で翻弄されていたのです。しかし主人公の近内には、それが分からなかった。ラスト付近で近内は逸子に頭を下げて感謝しますが、それは、省吾が孤独ではなかったと分かったからでしょう。自分がしなければならなかったはずのことを、逸子がしてくれていた。そこにあるのは孤独ではなく、単なる断絶に過ぎなかった。だから頭を下げたのでしょう。

読み方は人それぞれだと思いますが、この解説は無理がありすぎると思いました。

関連する話題: / 買い物

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)友井町バスターズ (富士見ファンタジア文庫)

その他サイト