水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 楽天がメールアドレスを販売? というよりポリシー変更が問題か

楽天がメールアドレスを販売? というよりポリシー変更が問題か

2009年5月27日(水曜日)

楽天がメールアドレスを販売? というよりポリシー変更が問題か

公開: 2009年5月28日16時30分頃

楽天、利用者のメールアドレスを含む個人情報を「1件10円」でダウンロード販売していることが判明 (gigazine.net)」という話が出ていてびっくりしたのですが、良く読んでみると、任意の部外者に販売しているわけではないようで。楽天の店舗が、自社で買い物をした人のリストをダウンロードでき、そのときに手数料を取られるという話のようですね。他店の利用者のメールアドレスを見られるわけではないようです。

それ自体は、単に利用者が店舗を信頼できるかどうかの問題で、特に問題ないと思いますが……。この話の背景には、2005年7月に起きた個人情報流出事件があります (参考: 楽天市場の店舗での取引に係る個人情報の流出について (www.rakuten.co.jp))。2005年8月のプレスリリースでは以下のように明言しています。

今後楽天でのお取り引きにつきましては、個人情報のうち、クレジットカード番号、メールアドレスが店舗側では見られなくなります。

以上、楽天市場の店舗での取引に係る個人情報の流出について(今後の対応策) より

しかしながら、個人情報の流出の可能性を出来る限り低減させるために「商品の配送」に必要のない個人情報(メールアドレスおよびクレジットカード番号)を各店舗に提供しないサービスに切り換えます。

以上、~安全・安心な楽天市場の創造に向けて~店舗向け「楽天市場 カード決済代行あんしんサービス」等、新顧客情報管理体制の導入について より

というわけで、楽天は、情報流出事件への対応として「メールアドレスを店舗側に見せない」としていたはずなのです。それがいつからか、「お金を払い、漏らさないという誓約をすればメールアドレスを見せる」というポリシーに変更されているわけですね。プレスリリースを見て安心していた利用者にとって、知らないうちにポリシーが変更されてしまっている、という点は問題があるかもしれません。

関連する話題: セキュリティ

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 Webプログラミング

その他サイト