水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > IT Pro がまたやっちゃった

IT Pro がまたやっちゃった

2008年10月14日(火曜日)

IT Pro がまたやっちゃった

ブラウザに実際に表示されるのは,HTML文書のどの部分? (itpro.nikkeibp.co.jp)

実際にページとして表示されているのは,どのタグで指定した部分でしょうか。

1.<title>タグ

2.<body>タグ

3.<head>タグ

4.<table>タグ

IT Pro、またやっちまったよ……。しかも回答には、

HTML文書でもXHTML文書でも,Webページの基本構文は同じです。

という解説がありますが、これも誤りです。嘘だと思うなら、以下のようなHTMLを The W3C Markup Validation Service (validator.w3.org)でチェックしてみると良いでしょう。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">
<title>test</title>
<p>test page</p>

これはvalidになるはずです。一方、以下のXHTMLはinvalidになります。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<title>test</title>
<p>test page</p>

なぜ前者はvalidなのに、文書型宣言が異なるだけの後者がinvalidなのでしょうか。それは、「Webページの基本構文が異なるから」に他なりません。このような構文はHTMLでは許されていても、XHTMLでは許されていないのです。

さて、前者のHTML文書ですが、これはvalidですし、ブラウザでちゃんと表示できます。このHTMLには問題の選択肢2~4に該当する部分は存在しませんが、内容はちゃんと表示されています。このことから、2~4は不正解であることがわかり、消去法で選択肢1が唯一の正解となります。

※……というか、HTMLをぜんぜん知らない人にHTMLの問題を作らせるのはやめてください。過去の事件とか全く生かせていないですよね。

関連する話題: HTML / ITpro

人気のページ

最近の日記

関わった本など

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)友井町バスターズ (富士見ファンタジア文庫)

その他サイト