鳩丸ぐろっさり (用語集)

bakera.jp > 鳩丸ぐろっさり (用語集) > DoS

用語「DoS」について

DoS (どす)

"Denial of Service" の略で、「サービス拒否」と訳される事が多いのですが、この訳語ってちょっと違うのではと思うのは私だけでしょうか。拒否というと自らの意思で拒否しているような感じがしますが、ともあれ「サービス拒否」と訳されることが多いので、まあ「サービス拒否」で通じるでしょう。

DoS というのは、外部からの攻撃などによってサービスが停止してしまった状態を指します。たとえば、サーバに対して大量のリクエストを送りつけるとか、プログラム内部で無限ループするようなコードを実行させるとかいった攻撃 (DoS攻撃) によってサービスが停止した状態を指します。

DoS を狙った攻撃のことを "DoS Attack" あるいは「DoS攻撃」と言います。「DoS攻撃」を単に「DoS」と称することもあります。

※ちなみに MS-DOS の DOS は "Disk Operationg System" で、関係ありません。昔 (と言っても Windows 2000 の正式版が出ていた頃)、「MS-DOS だけに感染するウィルスがある」などと言っていた人がいて、良く話を聞いてみたら、どうも "DoS" を「MS-DOS」と訳していた (!) 文書があったようです。

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト