鳩丸ぐろっさり (用語集)

bakera.jp > 鳩丸ぐろっさり (用語集) > 204

用語「204」について

204 (にーまるよん)

話題 : HTTP

HTTP のステータスコード 204 の "204 No Content" のこと。

No Content すなわち「内容無し」で、返すべき内容がないことを意味します。この応答ではヘッダ部は送られますが、body 部は送られません (body部がない、という応答なのですから当たり前ですが)。

実際に 204 が使われることは滅多にありませんが、CGI で、submit されても全く何も表示する必要がない場合などに 204 を返すことがあります。

※しかし、きわめて希です。私は一度しか見たことがありません。204 応答の場合は画面遷移が起きないので (すべきでないと定められている)、ちゃんと submit 出来ているのかユーザに伝わりません。

204 応答では body 部は返せませんが、Last-Modified などのヘッダは返せますので、アンテナでチェックする専用の URL などでこの応答をするようにすると、帯域を節約できて良いかも知れません。まあ、普通はアンテナ側が HEAD リクエストするでしょうけれども。

「204」に関連する用語

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト