水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 無意味な SSL

無意味な SSL

2003年5月12日(月曜日)

無意味な SSL

セキュリティホール memo で紹介されていた高木さんの日記。

暗号化ページ中に暗号化されないコンテンツが混在していると、Netscape 7は、「セキュリティに関する警告」の画面を出す。これがお客さまを大変心配させるので、出ないようにして欲しい。(高木による要約)

以上、高木さんの高木浩光@茨城県つくば市 の日記 より

これを読んで、SSL つながりで思い出したことがひとつ。

諸事情により表立って名指しで書くことはできないのですが、某サイトの SSL の説明は書いた人間が状況を勘違いしていたという壮絶なものだったりします。安全だと思って安全だと書いたのに、実際に出てきたものを見たら実は駄目で、しかもちゃんと駄目だと説明したのに対策は取られず、勘違いによって書かれた「SSL だから安全」とかいう文章がそのまま掲載されて放置されているという状況だったりします。

問題についてもう少し具体的に言うと、フォームが SSL ではないためにフォームの改竄、受け側サーバの成りすましが可能というケースです。SSL のフォームがなくなるという話を聞いていなかったというパターンです。

※しかし、サーバのなりすましって実際問題としてどのくらい危険なのかと質問されると、ちょっと答えに詰まるところがあります。論理的に可能なのは間違いないのですが、それが実際に行われた例というのはあるのでしょうか?

この話にはもう一つオチがあります。実はそのサイトには、安全にアクセスする方法が存在するのです。このサイト、リニューアルによって SSL がヤバくなったので、リニューアル前のフォームを利用すれば安全なのです。そして、その昔のフォームは昔のままサーバ上に残されています。そこから行くと改竄や成りすましの危険なしに SSL が利用できるのですが、その安全な場所はもはやどこからもリンクされていません。ずっと昔からそのサイトを利用していないと、その存在にはまず気づかないでしょう。

安全なアクセス方法を提供するのは簡単ですし、実は既にひっそりと提供できているくらいの勢いなのです。にもかかわらずそれが改善されないのは、一つにはマーケティング戦略の絡みがあるらしいですが (ユーザの動きなどが戦略的に計算されているということらしい)、企業がお役所体質だったりすると、末端の担当者は問題を理解していても上の承認が下りないと動きようがないとか、なかなか複雑な問題もあったりするようです。

ともあれ、危険なら危険で良いから危険だと言って欲しいし、せめて安全だというのをやめて欲しいと個人的には思います。自分で危険性を見抜ける人には問題ないのですが、多くの人はそうではないでしょうし……。

関連する話題: Web / セキュリティ / SSL/TLS

人気のページ

最近の日記

関わった本など

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)

その他サイト