水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > A3 その1 : A,A2からA3への流れ

A3 その1 : A,A2からA3への流れ

2011年9月10日(土曜日)

A3 その1 : A,A2からA3への流れ

公開: 2011年9月18日1時25分頃

読み終わりました。2011年7月に第33回講談社ノンフィクション賞に輝いた作品。

前作に当たる「A (www.amazon.co.jp)」「A2 (www.amazon.co.jp)」はオウム真理教を描いたドキュメンタリー映画でしたが、A3は映像作品ではなく、書籍になりました。

書籍としては独立した作品ではあるものの、前作であるAとA2を知らないと理解しづらい部分があると思います。これはあくまで私の理解ですが、AからA2、そしてA3へと受け継がれるテーマの流れがあります。

まず、最初の「A」が目指したのは、先入観を捨てて純粋にオウムを知るということ。そこで見えてきたのは、末端の信者たちが、我々と何ら変わらない普通の人のように見えるということです。あるいは、むしろ普通よりも間の抜けた面を持つ人々であり、凶暴性はあまり感じられないということかもしれません。

いずれにしても、「A」を見終わった後わき上がるのは、「何故、このような人達があのような事件を起こしたのか」という疑問です。

続く「A2」では、オウムと周りの人々の関わりをテーマにしつつも、「何故あのような事件を起こしたのか」という点に迫って行きます。「麻原があなたにサリンの袋を突けと命令したら、あなたは突くか」という質問に対し、「意地悪な質問」と言いながらも、結局は回答する信者。

信仰を持つ人間が、信仰の対象となっている者から命令を受けたとき、それを拒否できるわけがない。できるのなら、それは信仰ではないし、宗教でもない。ある意味予想どおりであり、ある意味衝撃的な回答です。ショックなのは、この回答が対象を「オウム」に限定しておらず、「宗教」「信仰」という一般的な言葉を使っていることです。

「A2」にはもうひとつ印象的なシーンがあります。後半、オウムに街宣を欠けていた右翼団体が神事に参列するシーン。これはオウムとは関係のない行為のはずですが、それが何の説明もなしに挿入されていることには、強い意図を感じます。

こういったシーンを通じて、「A2」では、オウムの信者は教祖の命令に従うこと、それはオウムに限らないことを示唆しています。しかしこれは、「何故あのような事件を起こしたのか」という問いの答えとしては不十分です。信者が命令に従うとしても、反社会的な命令がなされなければ問題ないはずだからです。命令した教祖の側の論理が見えなければ、その問いに答えることはできないでしょう。

A2の後に残される疑問は、「なぜ教祖は殺人命令を下したのか」ということ。そして、その残された部分に迫るのが本書「A3」です。

……と、上流にこういう前提があり、その下流に位置するのが本書である、というのが私の理解です。著者が今まで何を追ってきたのかを知らずに読むと、著者の考え方やスタンスが理解できない可能性があると思います。

少し長くなりましたので、「A3」本編の感想はまた別途。

※続きます: A3その2: 輪廻転生の思想

関連する話題: / 買い物 / 森達也

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 Webプログラミング

その他サイト