水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > JUGEM管理画面、セッションID漏洩の問題を修正

JUGEM管理画面、セッションID漏洩の問題を修正

2011年5月22日(日曜日)

JUGEM管理画面、セッションID漏洩の問題を修正

公開: 2011年5月22日22時15分頃

こんなリリースが出ていますね……「【重要】管理者ページセキュリティの修正と強化に関しまして (info.jugem.jp)」。

この度、PHPSESSIDが付与された管理者ページURLから外部サイトにアクセスした場合、外部サイトのアクセス解析に残ったログから、お客様のブログ管理者ページに他の方がログイン出来た可能性が判明いたしました。

(~中略~)

【弊社で確認した発生する条件】

(1)ご利用のブラウザのプライバシー設定が規定値より高く設定されていた場合
(2)セキュリティソフト等でCookieがブロックされてしまった場合

【第三者がログイン出来た条件】

上記(1)(2)のいずれかの条件を満たしたお客様が、JUGEM管理者ページ内から外部サイトへ遷移した場合に、その外部サイトのアクセス解析等にお客様の管理者ページにログイン出来るURLが表示されてしまう

Cookie無効環境でURLにセッションIDがついて、Refererから漏れるというシンプルなお話ですね。

PHPにはsession.use_trans_sid (www.php.net)とかsession.use_only_cookies (www.php.net)といった設定項目があって、これらの設定によっては、Cookie無効時にセッションIDをURLに埋め込むという「親切な」動作になります。

PCサイトの場合、Cookie有効を前提にしてしまってもほとんど問題ありませんので、単に設定を変えて、URLにセッションIDがつかないようにすれば良い話です。JUGEMではそのような対応をしたようですね。

※ただ、ドコモのフィーチャーフォン (いわゆるガラケー) でもアクセスしてほしいような場合、Cookie有効を前提にすることはできませんから、セッションIDつきのRefererが外に出ないような (やや面倒な) 対処が必要になってきます。

関連する話題: セキュリティ

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)友井町バスターズ (富士見ファンタジア文庫)

その他サイト