水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 加害者家族

加害者家族

2011年4月6日(水曜日)

加害者家族

公開: 2011年4月10日2時10分頃

読み終わったので。

犯罪加害者や、冤罪で逮捕された人の家族がどのような経験をしたか、というドキュメンタリー。NHKの「クローズアップ現代」で放送したものに加筆したもののようですが、有名な事件の家族に取材していて興味深いです。

「インターネットの暴走」という章もありますが、ここはそれほど深く掘り下げられていないようで少し残念。加害少年や家族の写真やプライバシー情報が削除されずに残るという問題が挙げられていたり、2ちゃんねるの話が挙げられたりしていますが、視点としては特に目新しいものはないように思いました。

※あと、グロービートジャパンと平和神軍観察会の事件が引用されているのですが、これは「直接関係するものではない」という断り書きがあることを考慮してもちょっと違うような感じがします。

個人的に最も驚いたのは、アメリカでの加害者家族への反応。

実名が報道されたことで、母親のもとにはアメリカ全土から手紙や電話が殺到した。手紙は段ボール2箱に及ぶ数だった。

だが、その中身は、本書でこれまで見てきたような日本社会の反応とはまったく異なっていた。加害少年の家族を激励するものばかりだったのだ。

以上、p182 より

この違いの理由は何なのでしょうね。「民度」「意識」の問題ではないかとする見解が引用されていますが、このあたりはもう少し考察してみたいですね。

関連する話題: / 買い物

人気のページ

最近の日記

関わった本など

コーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションWeb Site Expert #13

その他サイト