水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > ITパスポート試験の教材が面白そう

ITパスポート試験の教材が面白そう

2011年1月13日(木曜日)

ITパスポート試験の教材が面白そう

公開: 2011年1月23日15時35分頃

電車の中で本を読んでいる人はたくさんいますが、その内容が端から見えてしまうことは良くあります。あからさまに覗き込んだりはしませんが、たまたま目に入った内容が興味深かったりすると、しばらく内容を見てしまうことはあります。

今日はなにやら問題集のようなものを読んでいる人がいたのですが、唐突にセキュリティ系のキーワードが目に飛び込んできました。正確ではありませんが、だいたいこんな感じの内容でした。

左側に空欄があって、どうも攻撃手法の名前を答えさせようとしているようなのですが、難易度Sです。悪意あるスクリプトというとXSSを連想しますが、普通はパスワードは盗めません (Cookieにパスワードを格納する強気なシステムもありますが、例外中の例外です)。

他にも、プログラミング言語の名前を答えさせるらしい問題でこんなものが。

ってこれだけかよ! もっと他に言語の特徴とかないの? ……と心の中でツッコミを入れつつも、余裕で「COBOL」の5文字を思い浮かべてしまうという……。しかし、今から新規に作るのであれば、COBOL は選択されないような気もするわけで。

他にハードウェア関係の問題もあり、どうもパラレルポートとかSCSIとか答えさせるような感じで「いつの時代の話だよ」と思いましたが、ITパスポート試験の練習問題のようですね。表紙は青く「よくわかるマスター」と書いてあったので、たぶんこの本でしょう。

もっとも、これは覚えた用語を復習するための穴埋めドリルらしく、学習のためのテキストは別にあるようです。

たぶん、テキストの方にはもっとちゃんとした解説があるのでしょうけれど。

関連する話題: セキュリティ /

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)友井町バスターズ (富士見ファンタジア文庫)

その他サイト