水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > jCryptionはどんなとき使うのだろう

jCryptionはどんなとき使うのだろう

2009年8月13日(木曜日)

jCryptionはどんなとき使うのだろう

公開: 2018年7月17日18時2分頃

セキュリティホールmemo (www.st.ryukoku.ac.jp)より、「JavaScript暗号化ライブラリ「jCryption 1.0」が登場 (sourceforge.jp)」というお話が。

SSLがない状態でもデータを高速かつシンプルに暗号化できることが特徴だが、認証の機能がないことなどから、SSLの代わりにはならないとしている。

「認証の機能がない」というのは、サーバ証明書を確認するような処理がないのでなりすましや中間者攻撃を防ぐ術がない、という理解で良いのですかね。

よく分からないのですが、「暗号化はしたいが、なりすましや中間者攻撃を受けてもOK」なんて状況があり得るのでしょうか。どういうシチュエーションで使うことを想定しているのでしょうね?

関連する話題: セキュリティ

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13

その他サイト