水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 副作用虫 / 計算機プログラムの構造と解釈

副作用虫 / 計算機プログラムの構造と解釈

2009年4月6日(月曜日)

副作用虫 / 計算機プログラムの構造と解釈

公開: 2018年7月22日18時20分頃

会社でSICPこと「計算機プログラムの構造と解釈 (www.amazon.co.jp)」が話題に。

※原題: "Structure and Interpretation of Computer Programs"

「良書」という評価と「読みづらい」という評価があるようですが、大学の教科書ぽい体裁もさることながら、訳がこんな感じだったりして。

「バグ」という言葉は使われておらず、「虫」で統一されているっぽい。統一されていればOKではあろうと思うのですが……いろいろきつい感じがします。

※サンプルコードがLISPだったりするのも個人的にはつらいなぁ。

関連する話題: プログラミング /

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 Webプログラミング

その他サイト