水無月ばけらのえび日記

bakera.jp > 水無月ばけらのえび日記 > 変な「へんなほうりつ」

変な「へんなほうりつ」

2007年8月4日(土曜日)

変な「へんなほうりつ」

へんなほうりつ (www.amazon.co.jp)」という本を貸していただきました。

序盤は面白いのですが、後半息切れしてきたのか、無理に内容を曲げている感じがするのが気になります。たとえば、080 は「暴力団とは、普通より犯罪者の割合が多い集団である」という項目名なのですが、実際に「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 (law.e-gov.go.jp)」を見ると、第二条の「暴力団」の定義は以下のようになっています。

二  暴力団 その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含む。)が集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体をいう。

以上、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 第二条 より

ちなみに本で引用されているのは、「指定暴力団」を指定する際に必要とされる要件の一部なのですが、これもたくさんある要件のごく一部に過ぎません。まあ、別に法律を勉強しようという趣旨の本でもありませんから、問題ないと言えば問題ないのですが、この本の内容を真に受けてしまうとちょっと危険です。

あと余談なのですが、118 で紹介されている「臼杵市電子計算組織の管理運営に関する規則」の第8条、文言自体がおかしいような気がします。本では、

次の各号に掲げる個人情報は、電子計算組織に記録してはならない。

と紹介されているのですが、「電子計算組織」は「電子計算機」ではありませんから、「組織に記録」というのはおかしいはずです。これは実際の行政規則がそうなっているのか、どこかで誰かが typo したものなのか、ちょっと確認できませんでした。

※巻末で紹介されている「各地の気になる条例・規則集 (kraft.cside3.jp)」というサイトに「臼杵市電子計算組織の管理運営に関する規則 (kraft.cside3.jp)」があって、作者はここから引用しているのだと思いますが、ここで既に typo している可能性も考えられます。

関連する話題: / 法律

最近の日記

関わった本など

インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターンデザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチコーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 WebプログラミングWeb Site Expert #13Dreamweaver プロフェッショナル・スタイル [CS3対応] (Style for professional)友井町バスターズ (富士見ファンタジア文庫)

その他サイト